審美歯科

オールセラミックス

材質は陶材なのですが、まったく金属を使用しないので、歯肉との境目の明るさがきわだっています。

ジルコニア

セラミック素材の中でも、より強度が高い特性をもつ。他科では、整形外科分野で人工関節にも使用されており生体親和性にも優れた素材です。

デンツプライ三金が2005年に国内で初めて、厚生労働省の認可を取得しました。耐久性が非常に強く安全な素材です。

より天然歯に近い透明感もあるきれいな色調も再現できます。主原料、酸化ジルコニアは、産業界では、スペースシャトルの耐熱ガラスやF-1のブレーキシステムの部品に使用されています。

アルミナ

従来から使用されている代表的なセラミック素材です。他分野では化粧品等にもよく使用されている。ジルコニアには劣りますが強度があります。安全な素材で、歯の色に近い色調を再現できます。

ブリッジ ラミネートベニア
インレー

ジルコニア

オールセラミックスとは、金属を一切使わないで、セラミックスのみでクラウンやブリッジ(Brige)、その他のセラミックスの代表的なものがジルコニアと呼ばれるものです。

ジルコニアとは、金属元素である、ジルコニウムと酸素を結合させると、まったく新しい非金属材料であるセラミックスの酸化ジルコニウム(Zro2)ができます。これがジルコニアです。

化学的に安定で生体的親和性が高く、金属と同程度の高強度で高靭性を有します。細かい結晶体で磨くと非常に滑らかになることから、単結晶構造のものは人工ダイヤと呼ばれ宝飾品として用いられます。

光の透過性があり、素材そのものに人工歯色、歯肉色の着色ができ審美的に良好です。

ジルコニアのメリット

  • 科学的に安定しており生体的親和性が高い。
  • 金属と同程度の高強度で高靱性を有す。
  • 細かい結晶体で磨くと非常に滑らかになることから単結晶構造のものは人工ダイヤモンドと呼ばれ宝飾品として用いられる。
  • 光の透過性があり素材そのものに人工歯色、歯肉色の着色ができ審美的に良好。

ポーセレンラミネートベニア

ラミネートベニアは、薄いシェル状のセラミックを歯の上に貼り付ける方法で、すっぽりかぶせるのではなく、歯の表面のみを0.5~0.7mm程度切削するだけで、要件を満たすことができます。

この方法は、変色した歯、すき間がある前歯、捻転歯(ねじれている歯)、かけたり折れたりしている歯、磨耗している歯、班状歯(はんじょうし)、奇形歯、矮小歯(わいしょうし)などに対応できます。

テトラサイクリンによる変色歯もやれます。歯の表面の0.5~0.7mmくらいを形成して、セラミックのシェル(つけ歯)を接着します。(もちろん、形成後、型をとり、精密に製作してから歯に接着します。)

さらにボンディング剤が改善され、デンティン及びエナメル質に対する接着力が飛躍的に向上して、接着歯面からの剥離は、なくなりました。

セラミックもハイリューサイト(リューサイト含有率約50%、従来品は、20~25%)、高強度(従来品の約2倍)のセラミックが開発され、強度のみならず、エッチングしたセラミックの接着面の機械的維持力が飛躍的に向上しました。

ハイブリッド

硬質レジン(プラスチックのようなもの)をさらに強化した材質で、内側に金属を使用しているもの、まったく金属を使用しないでハイブリッドのみで構成されているものの、二種類があります。

金属を使用しているものは、主にかぶせるタイプのものに使用し、金属を使用しないものは、詰めるタイプのもの、かぶせるタイプのものの両方に適応範囲があります。

特に、下の歯で金属のつめものをしている方がハイブリッドのつめるものに変えた時は、非常に喜ばれました。

高強度MFRハイブリッドタイプのインレー、クラウンに応用できるものです。

審美性については、ポーセレン(陶材)のような暖かみのある明るい色調で、特に口腔内において、今までにない審美性を発揮します。

強度面では、新規な有機無機複合フィラーとマトリックスレジンの結合強化を図ったMFRハイブリッドタイプの採用により、ハイブリッドタイプの特性である高い機械的強度とMFRタイプの特性である面滑沢性、さらには、耐磨耗性や対合歯磨耗を押さえる生体適合性をも考慮したバランスのとれた理工学的性質を持ちます。

メタルボンド

何百度という温度に耐えうる金属の上に、陶材という材料を積層して、焼成したものです。

歯の細部の質感もよくだせます。内部は、金は白金などの金属で、目にふれる部分は、陶材といわれる白い材質です。

金属と陶材との溶着現象は、多くの溶着機構の全てが関係しあい、複雑な一連の熱化学反応によって生ずるものです。

化学的結合力、機械的結合力、陶材の圧縮力による結合力が溶着に寄与しています。

収縮や変色もなく、温度による膨張の収縮力の異なる金属の陶材の接着という技術がなくてはできません。セラミックのもつ審美性と金属のもつ強度を兼ね備えています。

審美歯科の費用・料金

オールセラミックスクラウン
(TEK(仮歯)・ファイバーコア含む)
90,000円/1本
ハイブリットジャケットクラウン
(HBジャケットクラウン) (TEK(仮歯)・ファイバーコア含む)
80,000円/1本
ゴールドクラウン
(TEK(仮歯)・コア含む)
80,000円/1本
セラミックインレー
(TEK(仮歯)含む)
50,000円/1本
ハイブリットインレー
(HBインレー)
40,000円/1本
セラミックラミネートべニア
(TEK(仮歯)含む)
120,000円/1本
MBクラウン金属裏装(メタルボンドポーセレンクラウン)
(TEK(仮歯)・ファイバーコア含む)
85,000円/1本
HBクラウン(ハイブリットクラウン)
(金属裏装・TEK(仮歯)・コア含む)
80,000円/1本
ポーセレンジルコニアクラウン(ジルコニア+ポーセレン)
(TEK(仮歯)・ファイバーコア含む)
130,000円/1本
※上記料金は、全て税別です。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 
 
歯科や小児歯科なら仙台   
▲画面トップへ戻る