対応できる症状

歯が痛い

「歯が痛い」ということで、まず考えられるのは、歯髄炎(歯の神経の炎症)の痛みです。歯槽膿漏の痛み、歯根膜の痛み、歯の神経に行くまでの虫歯の痛み、根尖部の歯肉の腫れによる痛み、親知らずの周りの歯肉の痛み等々が考えられます。咬むと痛い、何もしなくても痛い、かぶせた歯が痛い、つめた歯が痛い、外傷による痛みと様々です。
痛みはまた、感じ方に個人差もあるようです。痛む前に歯が色々な信号を出していることもあります。例えば、「しみて来た」等々です。出来るだけ早く歯科医院を訪れることをお奨めいたします。

歯がしみる

いくつか原因が考えられますが、
①虫歯が神経に近接していてしみる場合。この場合は、虫歯の治療や神経の治療をしなければなりません。
②歯ブラシの不適切な使用、その他で歯頚部(歯と歯肉の境目あたり)が削れているような時。歯ブラシの正しい使用法のアドバイスやその部分にコーティング材を塗ること。また深い場合は、神経を鎮静する薬をぬって歯の色をしたもので詰めます。
③咬み合わせにより、エナメル質にヒビが生じてしみる時もあります。この時は、咬み合わせを調整します。


歯がうずく

まず可能性の高いのは、なんらかの原因で歯の中の神経が痛んでいるときです。また、歯槽膿漏の痛みも、「じくじく、うずく」といいますか、拍動痛を伴わないにしても、この「うずく」という範疇にはいると思います。どちらにしても、我慢していれば治るというものではないので、早い診断、適切な治療が必要とされます。
大相撲の大鵬親方が、現役時代に、「歯医者さんが苦手で」と何かの雑誌に書いていたのを覚えています。あの強い大鵬さんも苦手なのですから、皆さんも臆せずに歯科医院に行きましょう。

歯がぐらぐらする

この歯がぐらぐらするという主訴で歯科医院を訪れる方の多くは、歯槽膿漏で歯牙を支えている歯槽骨が吸収されて下がり動揺をきたしています。また、治療がしてある歯牙が動いている場合は、詰めたり、かぶせたりしているものと歯牙との間に虫歯ができて、動く場合もありますし、歯牙破折していて動くときもあります。治療としては、歯槽膿漏の処置、咬み合わせの調整、固定、虫歯の治療などが考えられます。

歯が欠けた

虫歯により欠けてしまった場合と外傷により欠けてしまった場合に分けられると思います。前歯の場合、その欠けた範囲が小さい場合は、歯と同じ色合いのコンポジットレジンのようなもので詰めますし、大きい場合は、歯の色をしたタイプのかぶせるものを用います。臼歯部の場合も(奥歯)大きさにより、つめたり、かぶせたりします。ただし、歯が欠けて、その範囲が歯の神経まで到達している場合は、神経の治療も必要となります。

歯が抜けた

乳歯が自然に抜けた場合もそのままにしておくのではなく、歯科医院に行って今後のことを相談されたほうが良いと思います。永久歯の場合で歯が自然に抜けたとすると、歯槽膿漏がかなり進行していたと考えるのが妥当です。 抜けた場所に歯を入れる方法は色々ありますが、それでも歯槽膿漏に対する処置が優先されると思います。といっても、前歯の場合は目立ちますので、仮の歯を入れたり固定したりという方法も併用していきます。

つめものやかぶせものが取れた

虫歯が神経まで到達していないときは、虫歯の部分を除去して、神経を鎮静させるお薬を塗って形を作り、型をとり、新たな詰めるタイプのものをいれます。虫歯が神経まで到達している時は、神経の治療をして、土台をいれて型をとり、新たなかぶせるタイプのものをいれます。
また、もうすでに神経が処置してある状態で、根の中が良くない場合は、根の中の治療をしてからかぶせることもあります。

かみ合わせが悪い

①お口の中に合っていない詰めるものやかぶせるものや入れ歯が入っている時。これは、その原因の補綴物を除去して新たに入れるか、調整程度で治るのであればその方法をとります。
②噛み癖は誰にでもあるのですが、いつも同じ側を使っていると、顔貌に歪みが生じてくる場合もあります。頬を噛んでしまう、小さい細かいものが噛みにくい、しんなりしたものが噛みにくいというようなことがあります。この場合は、咬み合わせの治療を致します。

歯が変色してきた

歯の変色と言いますと、まず外部からの着色、タバコ、コーヒー、お茶等々、色々な色素沈着があります。このようなものは、歯垢、歯石をとるときにおとしてもらえばよいと思います。しかし、先天的に又は後天的に、何らかの要因で歯が黄ばんでいる、グレーがかっているというのは、ホワイトニングのようなもので白くなることはありますが全てではありません。また、以前その歯が神経の処置をした歯でそのままにしておいた場合変色してきます。これを改善するには色々な方法があります。

歯肉がはれている

まず考えられるのは、
①歯槽膿漏で(急性発作)腫れる場合。
②根のさきに病巣が有り炎症を起こしている場合。
③親知らずの周囲の組織の炎症。
④歯牙が破折している場合。
⑤その他外科的な疾患。
いずれにしても、色々な処置が必要なものばかりです。

歯肉が痛い

考えられるのは
①歯槽膿漏の急性発作
②根の先に病巣が存在し急性化している時
③根の破折
④義歯の不適合
⑤智歯周囲炎(親知らずの周りの歯肉の腫れ)
また、その他に原因不明の場合も有り、また重大な疾患を生じているものも有ります。

歯肉から出血する

この場合、一番考えられるのは歯肉炎で、歯肉に炎症をおこしていてそこから出血してくる場合です。よくあるのは、歯磨きをして歯肉から出血をしてしまった。それで、歯磨きをやめてしまった。それでますます出血するようになってしまった。という場合です。医院で適切な歯ブラシの指導を受け、定期検診もうけるべきです。
光倫(こうりん)歯科医院では、治療が全て終了してから、4ヶ月後のリコールの封書を必ずお出しするようにしています。その他、重大な疾患であることもありますので、検診は必要です。以前は、ハガキだったのですが、何年か前から、封書のほうが、より詳しく、ご説明も出来るので、現在は、全ての方に、封書で書いています。

歯肉が下がってきた

歯槽膿漏になるとまず歯槽骨が吸収されて、それと共に歯肉の退縮を伴ってきます。①歯肉が下がっても歯牙の動揺がないときは、歯ブラシにより歯肉を引き締めてあげます。②歯肉が下がってきて歯に動揺が生じてきても、歯ブラシをしっかりやり、歯石を丁寧にとり、咬み合わせなど周りの環境を整えてあげると、歯槽膿漏の進行も止まることもあります。

あごがはれている

根尖病巣(根の先の腫れ)、智歯周囲炎(親知らずのまわりの歯肉の腫れ)、歯槽膿漏などが主な原因です。痛みがあれば鎮痛剤をのんだり、冷やしたり、というのはあくまでも一時的なものですので、上記の根本的な治療をすべきです。

あごが痛い

顎というよりも顎関節に問題があって、そこが痛くてお口をあけると痛いというようなことがおこります。顎関節そのもの、その周囲の筋肉、顎の関節周囲の頭蓋骨、頚椎、腰等々、色々のことが考えられます。各部位の診断、調整が必要です。

あごが開きづらい

この場合、顎関節に問題がある場合やその周囲筋に問題がある場合、顎の関節周囲の頭蓋骨にある場合、頚椎に異常、腰に問題がある場合もあります。咬合調整、スプリント、顎のマニュピレーション、頭蓋骨調整、頚椎調整、腰の調整等が治療法です。

口内炎ができた

口腔内での停滞性に強い軟膏も有りますが、塗布しても唾液に流されてしまうことが多いので、貼るタイプの薬のほうが効果があるようです。

粘膜に傷ができた

歯ブラシ、その他のもので、機械的刺激によって粘膜を傷つけてしまった場合、その傷の大きさによっても対応の方法が違いますが、5mmぐらいの大きさであれば、貼り薬のようなもので対応します。それ以上の大きさであれば、縫合したりしなければなりません。
傷の大きさ、性質、深さによって対処の方法が変わります。

舌が痛い

舌痛症とよばれるものと思います。例えば、咬合が緊密ではなく、舌側の咬み合わせに隙間があるとき、そこに舌が入り込んで噛んでしまう場合、舌側の咬頭がとびだしていて噛んでしまう場合等々あります。他にも原因はいくつか考えられます。

舌があれている

一つの原因として「舌苔」というものがあります。それによって舌があれてくることが考えられます。これは、タングクリーナーというものでとることができます。歯ブラシなどではやらないでください。

舌の動きがにぶい

舌神経の走行とその状態が関与している場合があります。舌はその感覚が左右に分かれています。 また、その方の噛み癖によっても、舌の動きに影響を与えていることもあります。

舌をかんだ

歯のかみ合わせが関与している場合、歯の形状が関与している場合、神経筋機構が関与している場合、色々あります。対症療法としては、舌の消毒、薬剤の塗布または貼付。 原因療法としては、上記に対する処置となります。

口が開かない、顎が痛い

口が開けられない方の多くに、腰痛、頭痛、肩の凝り、偏頭痛、冷え性、膝の痛み、生理痛、などの症状もあります。口を開けるときに音がしたり、開けるときに痛みがあったりします。噛み合わせの調整だけでなく、全身的な状態をみなくてはいけない場合もあります。

入れ歯を入れたくない

歯のないところがあってそれを補う場合、入れ歯(義歯)ではなくて補うものとすると、ブリッジかインプラントになります。奥歯が残っているが、全部あるわけではないという場合は、ブリッジ(両側の歯を利用して、歯のないところを補い、つないでかぶせる方法)が多く用いられます。ただ、奥歯の第一大臼歯、第二大臼歯、第三大臼歯(親知らず)がなくて、入れ歯は入れたくないというのであれば、インプラントしかありません。ご相談ください。

歯並びをよくしたい

歯並びの治療というと一般的には矯正治療となります。その他に補綴的に(かぶせたり、補ったりして)治療する場合もあります。矯正治療の場合、その年齢、口腔内の状態(例えば、上の歯がでているのか?下の歯がでているのか?等々)、顔とのバランス等々から診断いたします。 診断後、治療期間、治療費用、治療方法(どんな器材を使用してどのように治療していくかなど)を詳しく説明します。

着色が気になる

コーヒーやお茶など、嗜好品による着色、歯石、歯垢によるもの、薬物、全身疾患によるもの、などがあります。歯石、歯垢の除去、ホワイトニング、歯冠修復などで対応します。

治療をしてもすぐ虫歯になる

歯の歯質に問題があり、治療をしてもすぐに虫歯なってしまうことはあります。こういう方でも、治療の仕方に配慮して、プラークコントロールに配慮して、虫歯になりにくくする努力をしていきます。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 
 
  
▲画面トップへ戻る