名前の由来」

 

光倫(こうりん)歯科医院は、昭和57年(1982年)8月2日月曜日に「高橋歯科医院」という名前で、仙台市青葉区に開業いたしました。その建物は、鉄筋コンクリート造りで建設いたしましたので、今でも別用途で使用しています。

ここでの約10年6ヶ月の日々は、歯科の開業医として基盤を固めた日々でもありました。「矯正治療」の勉強に東京へ通ったのも、この時期でした。「インプラント」セミナーへも通いました。院長という職責は、自分自身の意志、考えで務めなければなりません。自分自身で決めて望んでやったことですから、充実感もあります。

平成5年(1993年)2月1日月曜日、仙台市宮城野区宮城野二丁目10-30、かねてから土地を取得し建設を進めてきた、光倫(こうりん)歯科医院が完成いたしました。この時、光倫(こうりん)歯科医院という名前が生まれました。この「光倫」という医院の名前の由来ですが、「光」は大いなる、光り輝く、「倫」は仲間たち、人の進むべき道という意味があります。「大いなる仲間たち」、「輝ける進むべき道」という意味があります。この2つの文字には、他にも色々な意味があるのですが、他の方から由来を聞かれた時は「大いなる仲間たち」、そう答えています。