「歯が痛くなったとき、考えられるのは」

まず考えられるのは虫歯が進行して、歯髄(神経)まで到達してしまったとき。虫歯になり、エナメル質、その下の象牙質に行って、更に進行して歯髄まで及ぶというのが、最も多いケースです。神経までいかない場合は「覆髄(ふくずい)」と言って、虫歯の部分を除去して(もちろん麻酔下で、です)、神経を鎮静させる、塗るタイプや詰めるタイプの薬をそこに塗ったり詰めたりします。神経まで行っていないのであれば、その上に形を作り、詰めたり被せたりすれば治ります。ただ、神経まで到達しているのであれば、神経の治療が必要になってくると思います。これは当然そのままでは「痛い」ですので、麻酔下(麻酔をして)、行います。根の中にお薬を詰めて回復を待って、根の中に「土台」(コアと言いますが)を入れて補強して被せることが肝要です。神経の治療をした歯牙は、どうしても神経の生きている歯よりも弱くなってしまうので補強してあげることが肝要です。