光倫歯科医院の予防歯科について

歯につめたり、かぶせたりして、虫歯の治療をして、それで全ておわりと考えてらっしゃる方も結構いらっしゃいます。また、虫歯の治療をして、歯垢や歯石を除去すれば、もうそれで良いのかというと、それも違います。

バイオフィルムという歯にまとわりつく歯のぬめりのようなものがあり、細菌の叢です。
これは、ブラッシングでは容易にとれません。ポケット(歯と歯肉との間の溝)の中の歯石も、歯肉が介在していますのでブラッシングではとれません。
歯垢や歯石も一回除去すれば、それで終わりという性質ものでもありません。
バイオフィルムは、それが介在するために、色々な薬剤が歯質に浸透していくのを妨げています。

これは、定期的に、器械的に除去してあげることが、虫歯や歯槽膿漏の予防のために必要です。その時期が3~4ヶ月に1度来院して、お口の中全体をみてケアすることが大事なのです。

歯垢や歯石をとるときに普通は、「ハンドスケーラー」や「超音波スケーラー」で除去することが多いのですが、タバコのヤニ、食べ物、飲み物の色素を除去するのに、より快適に、より気持ちよく、除去するために歯面清掃器を使います。これは、歯面に細かい粒子を吹き付けて汚れを除去するのですが、最近では、その粒子にいろいろな味や臭いをつけて、吹き付けます。例えば、パイナップル味、レモン味、等々、果物の味をつけているもの、アミノ酸系統を利用したもの、種々あります。「光倫(こうりん)歯科医院はどんな歯面清掃器があるのですか?」その答えとして、光倫(こうりん)歯科医院では、医療器械、その他材料は、かなり吟味をして選びます。例えば、他社のユニット(歯科診療台)にも使用できる歯面清掃器を、独自のアダプターを開発して、販売しようとしている会社もあります。どちらにしても、患者様は今までにない快適さの中で歯垢歯石の除去を終えると思います。今はこういう時代ですので、選ぼうとすれば外国製も含めて、いろいろなものが選べます。あとは選ぶ私たちの感性や知識を高めていくことだと思います。

コーリンデンタルファミリー

光倫(こうりん)歯科医院では、プラーク(歯垢)を染色液で染め出して、プラークが歯のどの部分に存在するのかを見てもらうのは、もちろんですが、さらにコミニケーションツールを使って、プリントアウトしてお見せすることも、その方のために大切と思っています。

治療が終わって4ヶ月に1度、定期検診のために来院される方を、我々は親しみと敬意をこめて「コーリンデンタルファミリー」とよばせていただいています。
それは、私達の熱心にやってきたことを、真摯(真面目)に受け止めていただき、ご自分の「お口の中の健康」を、大切に考えてくださっているからです。

そのことに、私達も生き甲斐を感じているのです。

PMTC

Prefessional Mechanical Tooth Cleaning(専門家による器械的歯面清掃)


特別な訓練を受けた専門家により、器具とフッ化物いりのペーストを用いて、全ての歯面の歯肉縁上および縁下1~3mmのプ ラークを器械的に選択除去する方法。

ここでのPMTCには、歯石や深い歯肉縁下プラークの除去および根面滑沢化(ルートプレーニング)は原則として含まないものとします。東洋医学に「未病を治す」という考え方があります。つまり病気がいまだ機能性疾患(半健康状態)のうちに、その発病にからむ様々な要因(年齢、体質、性格、行動様式、習慣、ストレスなど)を分析し、そのコントロールに努めることによって器質的疾患(既病)への進行を防ごうとするものです。

齲蝕(うしょく)・歯周病は不可逆性の病変ですから、その発病や進行を防ぐに勝る医療はありませんが、その原因療法がいまだ未成熟にある現在においては、ひとまずこれら歯科疾患を一種の生活習慣病(ライフスタイル病)としてとらえ、この「未病を治す」という発想を治療の根幹ととすることが、今後の歯科診療の進むべき指針の一つとなると思います。つまり、患者さんの生活習慣、食べ物の嗜好、唾液の量と 性質、咬み方・咬み癖・咬む時間、あるいは年齢(ライフステージ)や全身状態、社会的・心理的側面などに配慮しながら、徹底したメンテナ ンス(口腔ケア)を続けることが、従来のキュア中心の歯科医療からの真の脱皮へつながるものと思われます。

プラークは大きく好気性菌、通性嫌気性菌を主成分とする歯肉縁上プラークと、嫌気性菌主体の歯肉縁下のプラークに大別されます、縁上プラークには、齲蝕原因菌とその産生物が多く含まれ、縁下プラークにはグラム陰性桿菌などの歯周病の原因菌が多く含まれます。したがって、「全ての歯面の歯肉縁上 および縁 下1~3mmのプラークを器械的に除去する」PMTCは、カリエス管理においてはその目的が十分達成されますが、歯周病管理においては、PMTCを行う前提としてスケーリング、ルートプレーニング、キュレッタージなどにより、縁下のプラーク(細菌叢)および歯石が 完全に除去されていなければなりません。

さらに、最近の知見によれば、カリエスの発現には「M.streptococciと砂糖によって作られる非水溶性バリアー」である不溶性グルカンが大きく関与しており、このグルカンバリアーをもつアクティブなプラークはブラッシングでは除去が難しいだけでなく、1~2回のPMTCでも容易に除去されないという性質をもっているため、その形成が疑われる場合には、より丹念な PMTCを心がける必要があります。

PMTC後は、クロールヘキシジンによるケミカルプラークコントロールと歯面へのフッ化物塗布が、カ リエス・歯周病予防にきわめて有効とされています。歯周治療を成功に導く鍵は、なんといっても継続性です。プラークコントロールや歯周外科によって一時的によい歯周環境が獲得できたとしてもその状態が長く続く保障はどこにもありません。私たちが患者さんにお話しすることの中には、歯周病の解説のほかにその方の現在の進行度を書き込むことや、今後の治療ステップなどを 順を追ってお話しています。各ステップを追ってその日行った処置やその方特有の問題点などをお話しています。こうすることで歯周治療の流れを患者さんに体験的に学んでいただき、自らが積極的に取り組む必要性を理解していただけると考えています。今行っているステップを明確にすることで、治療も系統化されますし、患者さんの安心感にもつながります。

PMTCは各ステップごとに頻繁に行いますが、それぞれの場面でさまざまな威力を発揮します。通常は全てのステップを一回の通院期間で完了することはなく、ステップ4~5で一度観察期間を設けます。その後継続治療を希望した患者さんは、ハガキによりリコールシステムに踏み込みます。この方法は継続した管理の重要性を口頭で説くよりも、はるかに効果があります。

PMTCのステップ


  • プラークの染め出しPMTCはホームケアではコントロールしにくい歯面に集中的に行うため、基本的にはプラー クの染め出しが第一ステップとなる。患者さんに染まった部分を指摘してその後PMTCに入るとホームケア向上の動機づけやPMTCに対する理解が深まるきっかけにもなる。
  • 研磨ペーストの注入または塗布PMTCを行う部位にフッ化物入りの研磨ペーストを注入または塗布する。隣接面 には、あらかじめPMTC用シリ ンジなどを用いて注入しておくと効率よく研磨できるが、ラバーカップで直接とってもよい。
  • 隣接面の清掃・研磨チップは患者さんの口腔内の状態に合わせて選択し、歯の近心・遠心に確実にフィットさせてから作動させる。
  • 頬舌側面、咬合面の清掃・研磨コントラアングルにカップおよびブラシを装着し、頬舌側面、咬合面を研磨・清掃する。隅角部の歯肉縁下および 歯頸部歯肉縁下までできるだけ到達させ、清掃・研磨する。
  • 歯面および歯周ポケット内の洗浄スリーウェイシリンジを用いて、口腔内に残った研磨材を十分に洗い流した後、歯肉溝内および歯周ポケット内 を5mlのシリンジで洗浄する。
  • フッ化物塗布二次カリエスや知覚過敏、根面カリエスの予防として、PMTCの最後にフッ化物を塗布する。

細菌バイオフィルムとは、病巣局所において、細菌が産生した菌体外多糖(グリコカリックス)からなる粘液状の鎧(隠れ家) のなかで、細菌がコロニーを形成 した状態をいいます。バイオフィルム感染症に対する治療の原則は、局所環境の改善と細菌バイオフィルム自体の機械的除去であり、抗菌剤などによる化学療法は、慢性期には著効は認められず、適応でないとされています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 
 
  
▲画面トップへ戻る