• tanioka81

シェード(主にホワイトニングに関しての)



シェードガイドというものがあり、それによって白い糸、黄ばんでいる色、灰色がかっている色、いろいろな色を識別します。

A系統(茶系)、B系統(黄系)、C系統(グレー系)、D系統(赤味をおびたグレー系)、のいろの薄い順から数字で表示されます。それぞれの色調の中で色の濃さによって3~5段階上で分類されます。

例えば、「A」なら少し茶色味をおびた白っぽい色。「A4」ならかなり茶色の濃いい色の歯。日本人はA系統の歯の色が1番多く、白人はB系統、黒人はA系統とB系統が混在。

「シェードガイドの19段階」

明W1W2W3B1A1B2D2AC1C2D4A3D3B3A3.5B4C3A4C4暗

W3~A1歯がチャームポイントに、人から歯が白いと誉められる。(W1W2はこれはかなり白い、芸能人レベル。

日本人の平均的な色は、A3.5といわれています。ですからホワイトニングで8シェードぐらいあげることになります。

閲覧数:3回0件のコメント

関連記事

すべて表示

泥状にした歯科用レジン(合成樹脂)を、修復すべき窩洞に直接詰めて形を整えたのちに固める処置法を、レジン修復法といいます。 20世紀における画期的な発明品の1つに、プラスチックやナイロンなどの有機高分子材料がありますが、 第二次世界大戦中のドイツにおいて、この種の歯科用修復材料であるアクリリックレジンが開発されました。 レジンの大きな特徴は、天然歯と色調が非常によく似ており、材料そのものの耐久性がか

光倫歯科はいつも、みなさんと共に

~あなたの笑顔の為~