• tanioka81

ブリッジと、その周辺

ブリッジは、入れ歯のように、取り外しのものではなく、歯の無いところを、固定性の繋いだものを入れて、補います。 歯の無いところが、1本の場合、2本の場合、3本の場合、ケースによってはそれ以上でも対応できます。 


ただ、奥歯の場合で大臼歯と呼ばれる歯が全て無い場合は、やれないというか、やらない方が良いと思います。 それは、ブリッジの土台となる歯(支台歯と言います)の負担過重が大きくなりすぎて、長い目で見て、その歯が、保たなくなってしまうからです。 

その場合、インプラントという選択肢も出来ます。 


また、ブリッジは、金属製のものだけでなく、セラミックのもの、金属にセラミックをつけて金属を見えなくしたもの、ポーセレンという陶材を金属につけたもの、硬質レジンという材質を金属につけたもの、色々あります。 

最近では、オールセラミックと言って、金属を全く使わずに全てセラミックで作られているものもあります。


いまでは、その形成方法、麻酔の方法、支台歯の選択、支台歯の修復(そのまま使うのでは、色々な付加価値を、つけて使用する。),対合歯の整え方、調整方法、負担係数の考え方、また、その範囲、有効利用、平行性の考え方また、その応用、麻酔の使い方その応用(七色の麻酔を、どの場面で、どのように、使っていくか)、ブリッジの材質は、どのようなものを、使うか(メタルボンドのような、内側に金属、外側の目に、ふれるところは、ポーセレン(しろい綺麗なセラミック)ようなもの、また、内側に、金属、外側にハイブリットのようなもの、オールセラミックのような、まったく金属をつかわないもの、ここで言っている金属は、また、何種類もあって、ファーネスの中で、金属に、陶材を窯着させるためには、何百度という温度に、耐えうる金属でなくては、なりません。


閲覧数:1回0件のコメント

関連記事

すべて表示

Ⅰ遺伝によるもの 顔や顎の形には、遺伝の影響が強いと言われています。 不正咬合の原因も、遺伝によるものが少なくありません。 遺伝の影響が、色々な種類の不正咬合となって現れることがあります。 Ⅱ 環境によるもの 1、先天的なもの ①みつくち(口蓋裂、兎唇) ②正中離間 中切歯に隙間がある。 ③叢生(そうせい) 歯が不規則に舌側や唇側に向いている。 ④歯の形の異常 巨大歯、矮小歯、シャベル型切歯など。

光倫歯科はいつも、みなさんと共に

~あなたの笑顔の為~