• tanioka81

歯が痛くなったとき、考えられる原因

更新日:6月7日


まず考えられるのは虫歯が進行して、歯髄(神経)まで到達してしまったとき。

虫歯になり、エナメル質、その下の象牙質に行って、更に進行して歯髄まで及ぶというのが、最も多いケースです。


神経までいかない場合は「覆髄(ふくずい)」と言って、虫歯の部分を除去して(もちろん麻酔下で、です)、神経を鎮静させる、塗るタイプや詰めるタイプの薬をそこに塗ったり詰めたりします。

神経まで行っていないのであれば、その上に形を作り、詰めたり被せたりすれば治ります。


ただ、神経まで到達しているのであれば、神経の治療が必要になってくると思います。これは当然そのままでは「痛い」ですので、麻酔下で(麻酔をして)、行います。


根の中にお薬を詰めて回復を待って、根の中に「土台」(コアと言いますが)を入れて補強して被せることが肝要です。


神経の治療をした歯牙は、どうしても神経の生きている歯よりも弱くなってしまうので補強してあげることが肝要です。


閲覧数:2回0件のコメント

関連記事

すべて表示

泥状にした歯科用レジン(合成樹脂)を、修復すべき窩洞に直接詰めて形を整えたのちに固める処置法を、レジン修復法といいます。 20世紀における画期的な発明品の1つに、プラスチックやナイロンなどの有機高分子材料がありますが、 第二次世界大戦中のドイツにおいて、この種の歯科用修復材料であるアクリリックレジンが開発されました。 レジンの大きな特徴は、天然歯と色調が非常によく似ており、材料そのものの耐久性がか

光倫歯科はいつも、みなさんと共に

~あなたの笑顔の為~