歯髄を除去すれば痛みを感じなくて済む場面が増える可能性があります。

しかし歯髄は、単に痛み等の知覚を司っているだけでなく、象牙質の形成・象牙質への栄養補給・象牙質の防護・修復などの機能を持っています。歯髄を取るという事はこれらの機能が失われるという事になります。従って、歯は脆く、割れやすくなるでしょう。

それでも抜髄をするのは痛みを取る為だけではありません。放置すると歯髄全体に感染が及んでしまい歯髄が壊死してしまうのです。

さらには感染が根の先から広がって根尖性歯周炎を起こすなど、より厄介な事態を招いてしまうから、このような処置を行うというわけです。

 

虫歯で歯が痛いのに、歯医者さんに行かないでいると、そのうち痛くなくなってきます。

しかし、「やった、治ったんだ」と喜んではいけません。象牙質に達した虫歯は自然に治るという事は無く、放置すれば進行するいっぽうです。

痛かった歯が痛くなくなったら、C₂の後半に進行している可能性が考えられます。この段階になると、根の治療(感染根管治療)が必要となってくるでしょう。

 

根の治療の手順や流れは抜髄とよく似ています。患者さんにとっての違いとしては、通院回数が多い事ぐらいでしょう。

しかし、歯科医師に求められる技術のレベルは格段に違ってきます。

例えば、生きた歯髄は抜髄針を刺すとある程度まとまって出てきますが、死んだ歯髄はボロボロになっている為、前者よりも何倍もの時間を要するのです。

取り残さないようにするのも大変です。根の治療の”肝”ともいえる根管の拡大・形成では、さらに抜髄との差が大きくなります。根の治療が必要な状態では根管内に感染が広がっているので、より繊細かつ慎重な処置が必要となるからです。

根管とガッタパーチャの間に隙間があると、細菌が侵入して感染の原因にもなりかねません。ですから根管の壁に段差を作らないようにしなければなりません。複雑な根管は1mm進むのに1時間かかる事も。

曲がった根管をなめらかに広げる為には、技術もさることながら根気も必要だと言えます。