目の前が 海岸のような レストランで ソーダ水が テーブルの上に あって 遠く 海の上を 白い貨物船が ゆっくりと 通り過ぎていく。 このような情景が 浮かんできます。この情景に 遭遇したからといって それぞれの感性ですから 同じことを 考えるとは限りません。10人いれば 十人十色 それぞれ 違う場合もあります。荒井由美(松任谷由実)の歌に 「ソーダ水の中を 貨物船が通る」という一節が あります。例えば 同じ情景を 見たとしても みんなが あのような歌を思い浮かべるとは思えません。それぞれの感性があり それぞれの感情があり そのことを このような歌に 結びつける人 また 何か自分のしている仕事のヒントにする人 色々だと思います。俳優  タレントの「武田 鉄矢」さんが このことを聞いて この歌を聞いて 「お前は 引田 天功か」と言ったそうです。もちろん 現実の世界で ソーダ水の中を 貨物船を 通せるわけは ありません。それが イメージングであり 感性であり それをこのような歌に することが 出来る人 また そこまで いかなくても そのことを 生活のヒント 仕事のヒントにする人 ただただ 「良かったな」思って帰ってくる人 様々だと思います。自然に メロディが 歌詞が 湧いてくるような人も いるでしょうし 爽やかな感情 色々な教訓 そのことから その事象から それぞれの感性で思い浮かべるわけです。元ニューヨークヤンキースの「ジーター」選手が 引退する時に 「私より 素質 才能が ある人は いたと思う」 「私より 鍛錬 練習を 行なった人は いなかった」 父親は 学者で アフリカ系(黒人) 母親は アイルランド系の白人 まさに ニューヨークヤンキースを 代表する選手になりました。