日本には 二十四の季節が あります。 二十四節気は 太陰暦を 使用していた時代に 季節を 現すための工夫として 考え出されたもので 一年を 24等分にし その区切りに 名前を つけたものです。現在でも 季節の節目 節目に これを示す言葉として 使われています。例えば 秋分(しゅうぶん) 9/23頃 暑い日は 減り 代わりに 冷気を 感ずる日が 増える。昼と夜の長さが ほぼ同じになることで この日は 秋彼岸の 中日でもある。秋の七草が 咲き 揃う頃でも ある。(1)春 ① 立春 (りっしゅん) 2月4日頃 二十四節気の最初の節気で この日から 暦の上では 春となり さまざまな決まりごとや節目の基準に なっています。② 雨水 (うすい) 2/19頃 雪から雨へと 変わり 降り積もった雪も 溶け出す頃 という 意味です。③ 啓蟄 (けいちつ) 3月6日頃 大地が温まって 冬ごもり から 目覚めた虫が 穴を ひらいて 顔をだすころ。④ 春分 (しゅんぶん) 3月21日頃 昼夜の長さが ほぼ同じに なる日で この日を境に 陽が のびて いきます。⑤ 清明 (せいめい) 4月5日頃 清明は 「清浄明潔」の略で 万物が けがれなく 清らかで 生き生きとしているという意味です。⑥ 穀雨 (こくう) 4月20頃 春の柔らかな雨に 農作物が うるおう という意味です。(2)夏  ① 立夏 (りっか) 5月6日頃 この日から 立秋の前日までが 暦の上では 夏となります。② 小満 (しょうまん) 5月21日頃 陽気がよくなり 草木が 成長して 茂るという意味です。③ 芒種 (ぼうしゅ) 6月6日頃 「芒」とは イネ科植物の穂先にある毛のような部分のことで 稲などの穀物の種をまく時期という意味です。④ 夏至 (げし) 6月21日頃 北半球では 太陽が 最も 高く昇り 1年で 最も昼がながい日です。⑤ 小暑 (しょうしょ) 7月7日頃 だんだん 暑さが 増していくという意味で 梅雨明け も近くなり 湿っぽさの中に 夏の熱気が 感じられるように なります。⑥ 大暑 (たいしょ) 7月23日頃 夏の暑さが 本格的に なるという意味ですが 子供たちは 夏休みに入って わくわく。(3) 秋 ① 立秋 (りっしゅう) 8月7日頃 厳しい残暑は 続きますが この日から 暦の上では 秋となります。 ② 処暑 (しょしょ) 8月23日頃 暑さが おさまるという意味で 日中は 暑いものの 朝晩の涼しさに初秋の息遣いを感じる頃です。③ 白露 (はくろ) 9月8日頃 秋が深まり 草木に 朝露が つき始めるころ という意味です。④ 秋分 (しゅうぶん) 9月23日頃 昼夜の長さが ほぼ 同じになる日で この日を さかいに 日が短くなり 秋の夜長に向かいます。⑤ 寒露 (かんろ) 10月8日頃 草木に 冷たい露が 降りる頃 という意味です。⑥ 霜降 (そうこう) 10月23日頃 早朝に 霜が 降り始める頃 という意味です。(4) 冬 ① 立冬 (りっとう) 11月7日頃 この日から 立春の前日までが 暦の上では 冬となります。② 小雪 (しょうせつ) 11月22日頃 木々の葉が 落ち 山には 初雪が 舞い始める頃です。③ 大雪 (たいせつ) 12月7日頃 山の峰々は 雪を かぶり 平地にも 雪が降る頃です。④ 冬至 (とうじ) 12月7日頃 山の峰々は 雪をかぶり 平地にも 雪が 降る頃です。⑤ 小寒 (しょうかん) 1月5日頃 池や川の氷も厚みを増し 寒さが 厳しくなる頃です。⑥ 大寒 (だいかん) 1月5日頃 冷え込みも はげしく 寒さが 最も 厳しい頃です。