日々向上する心、特に臨床医はこれが必要だと思います。

明日の臨床に生かそうとすれば、居眠りなどできませんし、「ウトッ」としても、また元に戻ります。

たしかに歯科の臨床の世界でも、いろいろな新しい材料、新しい方法、新しい機械、いろいろ出ています。

我々としては、やみくもに選ぶのではなく、いろいろな情報「雑誌、書籍、DVD、ビデオ、セミナー、研修会、講習会」等々、情報源からより良き選択眼を持って、感性を磨いて、その中からよりよき機械、よりよき薬剤を、選ぶことになります。

不思議なもので、向上心をもって臨床に取り組むと、今まで見えていなかったものが見えてきます。

また、必要なものでも溢れる情報の中で、それを選ぶ選択眼もできてきます。

帰りは、16時にセミナーが終わり、スタッフ達にお土産を買ったり、私の車内で食べるお弁当を買ったりして、新幹線に乗って新大阪をあとにします。

東京駅まで、お弁当を食べ終わると、東京駅まではウトウトして過ごしてしまいます。

東京駅で、東北新幹線(主にはやて)に乗り換えて、仙台で降ります。仙台に着くのは22時ちょっと前ぐらいです。

疲れてはいますが、充実感はあります。